講師紹介

橋本 幹雄 はしもと みきお 専務取締役

1958年
大阪府茨木市出身。
1982年
関西外国語大学卒業後、株式会社アプラス(当時三和銀行系ノンバンク)就職。23年在籍
1999年
通勤途上で交通事故に遭い生死を彷徨、半身麻痺などの後遺症残し退院するも1年半に亘るリハビリ生活。その後の良きご縁で、東洋漢方医学と民間療法で前例の無い奇跡的な社会復帰をする。お陰様で、社会復帰後も地位も収入も人並み以上にまで回復させて戴くも、人生とは?健康とは?家族とは?仕事とは?自分とは?など答えの無い事を色々考え、思う処あり家族の反対を聞かず独立へ。
2003年
アプラス退職し、『健康』をコンセプトに、人の心と身体と会社の経営状態を改善し、向上維持するサポートコンサルタント会社(有限会社ティーエイチ)を設立し独立。
2011年
質問型営業®と出会い、上記の会社の運営を第三者に移行し席だけを置きリアライズ質問型営業®の企業窓口業務と質問型営業®コンサルティング研修のメンタルコンサルタントとして専念し現在に至る。(同時にリアライズ中部事務所を設立(セミナースペース完備)し、企業研修企画立案窓口となる。
資 格
MLC認定コンサルタント
(質問型営業®企業研修におけるメンタル強化専属コンサルタント)
(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
リスクマネジメント協会(日本CTO協会)CRMリスクマネージャー
分 野
大企業や組織で働いている方の堂々人生実現コンサルタントが専門。
永年の大企業サラリーマン経験から、企業や組織内における人間関係に関する課題解決コンサルティングが得意

質問型営業®®認定コンサルタントになった理由

自身がMLCコーチングを受け、ミッション・ビジョン・人間の使命を明確にした事で、自身の人生価値観が激変。それにより無意味な執着が一切無くなり、人間関係が好転し人生の本質が見え出し人生目標が確立した。
その後、質問型営業®コンサルティングやビジネスコーチングを体験・体得し、これこそが日本中の営業関係従事者概念を変革し、辛い苦しいと言う日本人の営業概念をラクで楽しい憧れの仕事にするメソッドだと確信し、日本人の営業概念を変える事に実現に向け青木代表と活動を共にする。
独立後の会社で、企業経営者の心と身体と会社経営状態のサポートコンサルタントを行っていく中で、全ての根幹はその人の心の置き処である。一人でも多くの人が自分自身のミッション・ビジョンを明確にする事で、今の閉塞感一杯の日本を変えられるとの思い、リアライズで企業研修専門の企画&メンタルコーチとして活動する事がその実現への近道と考え方向転換し現職に至る。

  • コンサルタントとして嬉しい時は
    クライアントさんの変化改善成果が自分事として一体感で感じられた時。
  • ライフミッション
    自らの存在の尊さを自覚し、全てを受け入れ、自信を持って、勇気を出して行動をし、神様が喜ぶ生き方をし、世の中の役に立つ人に成る事。
  • ソーシャルミッション
    出会う人一人一人に、人間愛に根差した物事の考え方・とらえ方を伝える事により、一人でも多くの人が、自らの人生の尊さを自覚し、自立した自分らしい人生を全う出来る様に導きサポートすること。
  • ビジョン
    ライフサポートコンサルタントと言う天職を通じて、自分軸で堂々と幸せで豊かな人生を全うする人を一人でも多く創出する事により、日本の将来に貢献する存在と成ること。
  • 人間の使命
    人間とは、魂の成長の為の天命を与えられた神が創造された尊い存在である。よって起こる事は全てに意味が有り、自らの良心尺度に正直に忠実に対峙し、人生の課題を乗り越え、魂を成長させ、世の中の人の役に立つ人と成ること。
  • 今の夢
    新卒の社会人70%が最初につく職種は営業職なのに、大学や専門学校では営業というものを一切教えていないと言う需給ギャップ(経済界から大学で営業スキルを身に付けて社会に送り出して欲しいという声が大きいのが現実)を解消し、日本人の営業職に対するマイナスイメージ概念を変革する。
    その為に5年以内にいづれかの大学の経済学部や経営学部などの関連学部内に営業学科を創設し、社会人に成る時点で『営業とは?』を身につけて社会に送り出せる状態を実現し、将来的に日本人の営業概念を変える足掛かりを作り上げる事。

MESSAGE

質問型営業®の受講を
検討している方へのメッセージ

迷ったら近づけ!近づいて嫌だったら、正直に言って離れよう!
先ずは無料体験相談で『人生は変えられるんだ!その全ての答えは自分の中に有るんだ!』という実感を味わって見て下さい。営業での悩みや人間関係での悩みの全ては自分の物の見方・考え方で全て決まっているんだと言う事を腑に落として見て下さい。

橋本幹雄の講師ブログ「講師日誌」はこちらからご覧になれます!

このページのトップへ