青木毅の活動日誌

「質問型営業・コミュニケーションとは?」in沖縄

青木毅の活動日誌

先週は木曜日から日曜日まで、青木は沖縄でした。

沖縄の認定コンサルタントの企業の日本人事株式会社様の応援です。

今回はそのトピックをお伝えしようと思います。

日本人事様の会員の皆様は、熱心に質問型営業、コミュニケーションに

取り組んでいただいていて、成果も出ています⇒こちらはまた改めてご報告させていただきます。

 

これはやはり、日本人事の當山社長が、

質問型営業・コミュニケーション熱心に取り組んでいただいているからこそですね。

初日は「質問型営業・コミュニケーションとは?」というテーマで、

講演をさせていただきました。

 

参加者の半分くらいは営業の仕事をされている方でしたが、

もう半分は、営業以外の仕事をされています。

そのために、質問型営業の中でも特に

「好意」-「質問」-「共感」

の部分を普段よりもかなり手厚くお伝えし、実践練習していただきました。

というのも、営業であっても、

この「質問型コミュニケーション」ができていないかぎり、営業は進まないのです。

なぜなら、お客様に安心と信頼を得て、本音で話しできる状況が整わないからです。

また、この「質問型コミュニケーション」は、単に、営業だけでなく、あなたの人間関係。

夫婦・親子・兄弟・友人。

そして、上司部下の中でも非常に重要であり、

これができれば、これらもすべてうまくいくとって、

過言ではないものだからです。

 

ということで、

講演では、青木の話を聞く前に、しっかり、今日の話を

自分の何に生かすのか?

ということを明確にしていただた上で、実践練習していただきました。

 

意外と営業以前にこの部分が抜け落ちてしまっている人が、

いらっしゃったようで、

「まずは、笑顔!発声!を整え、

相手にしっかりと好意を持って、そして示して、

コミュニケーションします!」

といった感想をお話されていらっしゃいました!

本当に大切ですよね。

 

質問型コミュニケーションを学びたい方は、

こちらで学んでみてください!

—————————————–
仕事を円滑に進めるには、まず上司が部下に質問しなさい
最高の結果を引き出す「質問型コミュニケーション」
https://www.amazon.co.jp/dp/4862553877/

まずこの質問で雑談はうまくいく!
https://www.amazon.co.jp/dp/402331644X

次回は、沖縄の2日目、

2日目は「アポイントのポイント」というテーマで、

某商品シェア日本一の企業様のアポイントの指導をさせていただきました。

こちらの様子をレポートします!

沖縄の皆さんを見習って、しっかりマスターし、ますます成果を上げてくださいね!

営業の現場を見てきて、うまくいかない3つの理由を知りたい方はこちら!

このページのトップへ