青木毅
リーダーへの一言コラム

【228】営業の秘訣―動機

お客様にお役立ちへの動機を湧き上がらせること。

これを「純粋な動機」という。


 

お客様の話を聞かせていただき、

「このお客様のお役に立ちたい!」

「きっとこの方なら私ども商品を使っていただければ、
喜んでいただけるに違いない!」

という気持ちが湧き上がった時に、
商品の提案ができたときに、

それを「純粋な動機」といいます!


反対に、

「このお客様に売ろう!」

「きっとこの方なら私ども商品を買ってもらえるに違いない!」

という気持ちで商品の提案をすることを、

「よこしまな動機」といいます!

営業の現場を見てきて、うまくいかない3つの理由を知りたい方はこちら!

このページのトップへ