青木毅
リーダーへの一言コラム

営業は「人のお役にたつ」ことを実感できる最前線である。

どんな職業、業種であろうと、

仕事は「人のお役に立つため」にある。

「こういうものがあれば助かるなー」

と言われるので、それを実現できるものと提供したら、

感謝され、そして、再び注文をいただいた。

人のお役に立つことのによって、

結果として、収入になった。


充実感も感じるようになった。


これが、仕事である。


つまり、仕事は「人のお役に立つため」にある。


そして、営業は

その「人のお役にたつ」ことを実感できる最前線である。

営業の現場を見てきて、うまくいかない3つの理由を知りたい方はこちら!

このページのトップへ