質問型コミュニケーション

セミナータイムスケジュール

「質問型コミュニケーション」こそが、効果的なコミュニケーション法である。

意味はわかった、では、どうすれば?

「人の行動原則」「人の可能性に関する原則」が分かれば、それを実際の場面でコミュニケーションに応用すればいいのです。
・しかし、ほとんどの場合、まず、この原則を納得し、深く理解をしていません。
・また、理解できたとしても、実際の現場でどのようにコミュニケーションを展開すればいいかがわからないのです。

それが・・・「質問型コミュニケーション」なのです!

・まず、質問型コミュニケーションの「原理原則の深い理解」を行うことです。ディスカッション型の研修により解決できます。そうすれば理解度が確実に上がります。

「ロールプレーイング」は、部下とのコミュニケーションにおける対話の組み立て、その対話訓練を行なうのです。
部下への質問やその回答までも予測して行なえば、部下へのコミュニケーション能力が高まります。ここでは、講師自らが見本を示すことにより、実践でのそのコミュニケーション方法がわかります。

・最後は、「現場での実践」を通してのチューニングです。現場での振り返りを行うことにより、より完全に「質問型コミュニケーション」を習得します。

「質問型コミュニケーション」の特徴!

一日受けるだけで、明日から実践で即使える!
・コーチングの難しい専門用語などがなく、誰もが取り組みやすい!
コミュニケーション方法を単純化し、会話の3段階、問題解決の4段階にしている!
・研修後、実践をさらに効果的にするマンツーマンフォロー相談がある!
・取り組み後一ヶ月で、成長を確認できるチェック表があり、そこに専門家からコメントがもらえる!
・大阪府、東京都などの職員、大阪府警職員に対して、7年連続2000名の研修実績があります。
一日研修だけで、効果があるという実績、評価をいただいています。
大阪府ではリーダー職の昇格のための受講必須項目になっています。毎年、増加の傾向です。
・このように、単に理論理屈でなく、実績を持った評価の高いコミュニケーション方法ついに公開です!

研修内容

質問型コミュニケーションとは?
・コミュニケーションとは?
・それぞれのコミュニケーション手法の違いは?
・仕事に活用できる質問型コミュニケーションとは?
・日常生活に活用できるコミュニケーションとは?
・質問型コミュニケーションの活用法は?
・質問型コミュニケーションのメリットは?
2.コミュニケーションを効果的にする人間の習性
人間の習性に基づいてコミュニケーションを深める方法
第1原則「人は自分の思った通りに動きたい」
第2原則「人は自分なりに問題の解決法を自分の中に持っている」
第3原則「自分の内側に見えているものが、外側に見える」
3.効果的な質問型コミュニケーションとは?
・コミュニケーションとは?
・それぞれのコミュニケーション手法の違いは?
・仕事に活用できる質問型コミュニケーションとは?
・日常生活に活用できるコミュニケーションとは?
・質問型コミュニケーションの活用法は?
・質問型コミュニケーションのメリットは?
4.質問型コミュニケーション方法
・質問型コミュニケーション方法
・質問型コミュニケーションの第1段階:好意を持つ
・質問型コミュニケーションの第2段階:質問をする
・質問型コミュニケーションの第3段階:共感する
・質問型コミュニケーションの第4段階:確認・提案する
5.特典
電話無料相談を後日無料にて可能(1時間)
法人様向け研修はこちら
リアライズオンラインショップ

代表

青木 毅青木 毅
質問型営業開発者
質問型コミュニケーション開発者
質問型セルフマネジメント開発者

法人様担当窓口/質問型コンサルタント

橋本 幹雄橋本 幹雄
質問型コンサルタント
企業部門担当
分野
経営者・営業幹部・営業マンのセルフマネジメント

専任講師/質問型コンサルタント

吉良洋吉良 洋
質問型コンサルタント
分野
保険、住宅、通信・インターネット、小売店舗、教育教材、その他

安井 匠安井 匠
質問型コンサルタント
分野
保険、住宅、小売(食品・化粧品)、士業、飲食店、その他

林 俊一林 俊一
質問型コンサルタント
分野
保険、商社、小売(食品・化粧品)、介護、清掃、その他

講師紹介

ページトップへ